カテゴリー「スポーツ」の25件の記事

2021年7月 6日 (火)

五輪会場

周辺の警備が厳しくなりました・・・
1__20210707082901 2__20210706192401 3__20210706192401
左) 有明体操競技場前で。この道路も、19日から、大会関係車両と居住者車両を除き、通行できなくなります・・・
中) 同じく19日から大会関係車両と居住者車両を除き通行できなくなる、有明アーバンスポーツパーク前で。 前を行く警備の車両は、関西地方のナンバー・・・
右) 豊洲市場に繋がる環2通りの豊洲大橋が既に終日通行禁止になっているため、市場周辺の道路は混雑。オリンピックが始まったらさらに混雑するから、この辺りには近づかないようにしないと・・・

| | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

オリンピックまで

あと1ヶ月。 関連施設もあるシンボルプロムナード公園などを散策・・・
1_img_1477 2_img_1497 3_img_1512
左) 青海アーバンスポーツパーク
中) ARTBAY CAFEも営業中
右) 夢の大橋のたもとの聖火台工事現場
4_img_1515 5_img_1521 6_img_1533
左) オリンピックに向けて、あちこちで花壇の整備中
中) 花の広場の植込み
右) 有明アーバンスポーツパークのBMXレーシング競技場。 1年延期に伴い風雨で荒れていた路面も再整備されたようです

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

今日の湾岸風景

晴海のオリンピック選手村の対岸にあたる豊洲ぐるり公園の西北端、「手ぶらBBQ広場」(写真手前)に隣接した空地(写真後方)で、土壌改良工事に続いて沢山のコンテナが運び込まれていたので何が出来るのかと思っていたら、どうやら東京オリンピック2020に向けた施設「The Nation's Village」らしい・・・
Img_20200312_102842

https://www.hochsitz.at/summer-olympic-games-tokyo
https://www.facebook.com/doublebox.org/posts/2755300721220020

| | コメント (0)

有明の

有明アーバンスポーツパークで、 3件の仮設スタンドの工事が始まっています。
Photo_20200312133901
収容人数は、それぞれ、
 自転車競技(BMXレーシング):5,000
 自転車競技(BMXフリースタイル):6,600
 スケートボード(ストリート・パーク):7,000
東京オリンピックの開催がどうなるか、気に掛かるところです・・・

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

適切な判断

毎年、バス2~3台連ねて出かける、マンション自治会主催の「日帰りスキーバスツアー」。 今年は、やはり、中止に・・・
1_20200224142901

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

遮熱性舗装

Z_1_ 東京五輪マラソンコース周辺では既に遮熱性舗装※の工事が進んでいると思いますが、他の五輪競技会場周辺でも、会場への主要なアクセス道路にフォーカスして遮熱性舗装が行われる計画だとのこと。
写真は、遮熱性舗装されたユニクロ有明流通センター前の都道(薄い色の部分)。 この信号を右に行くと、五輪競技会場「有明BMXコース」「有明体操競技場」「有明アリーナ」が有ります。

※: 道路の路面に遮熱材を塗り、アスファルトが昼間に太陽熱を吸収するのを防ぐ

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

オリンピック会場

有明北地区に建設中のオリンピック会場の一つ、「有明体操競技場」の屋根の形が見えてきました・・・
1

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

プロ野球観戦

巨人ファンの三番目の孫を連れて、東京ドームで巨人・横浜戦を観戦。
1回表に先頭バッター桑原にホームランを打たれてリードを許し、その後は、ため息しか出ない、いつもながらの試合展開。

1_dcf00002 2_p_20170701_193324_vhdr_on 3_

4_ 5_ 6_
8回裏の村田の走者一掃二塁打で逆転して、東京ドームは大いに盛り上がったのに、9回表の桑原の逆転満塁ホームランで、巨人ファンの孫はがっくり。

7_ 8_

これで、東京ドームで応援した対広島・対中日・対阪神・対横浜戦は全て負けとなった三番目の孫、次は格下のヤクルト戦にしてとのこと。 でも、今回座席の位置から期待していたファウルボールをゲットすることが出来て、ラッキー・・・

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

東京ドームで

孫二人と、巨人・阪神戦を観戦。

1_p_20170423_150216_vhdr_auto 2_p_20170423_164121_vhdr_plus
巨人ファンの孫たちは、最近調子良いし、今日も勝つぞと楽しみにして行ったものの、今回もこれまで見に行った試合と同様の試合経過(安打数で勝りながら点が取れない)で巨人が負けてしまったので、二人とも憮然とした表情・・・

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

見学会

某OB会主催の見学会で、味の素ナショナルトレーニングセンターに。

P_20170309_125349_vhdr_auto
一階の研修室で概要説明の後、三階の体操競技、バレーボール、二階のハンドボール、地下一階のボクシング、レスリングなどトレーニング施設を案内していただきました。
設置後10年、リオ五輪で獲得したメダル42個中41個は本番と同一の器具・床材等が完備した本拠点でのトレーニングが貢献しているとのことで、バドミントンのメダル獲得はじめ、レスリングや柔道の活躍などさまざまな競技で成果が現れており、施設の拡充計画も進められているとのこと。 
ただ、今は2020年の東京オリンピックのために国の予算もかなりつぎ込まれているものの、その後大きく予算カットされて選手育成に影響が出てしまうのではないかというのが関係者の懸念事項らしい。  ちなみに、施設の建設費は、土地・建物込みで、約400億円、年間運営管理費は約19億円+食堂委託費約1億円とのこと・・・

P_20170309_125046_vhdr_auto
立ち入ることは出来ませんでしたが、都道を挟んで設置されているアスリートビレッジは、2階の専用通路で結ばれており、448名宿泊可能で、部屋タイプはシングル・ツイン・マンション・和室の4種、栄養管理食堂「サクラダイニング」(通称"勝ち飯食堂")・大浴場・シアタールーム・喫茶コーナー・インターネットコーナーなどの共用スペース、各種研修室やミーティングルームが完備。 2011年に増築された南館には、要望の多かった通常タイプのシングルルームに加えてバリアフリータイプやJOCエリートアカデミー生が寄宿する専用エリアも設けられているとのこと。 料金は、一泊6000円(室料3000円+食費3食3000円)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧